男性の自宅で出来るVIO脱毛方法のメリット・デメリット | メンズのVIO脱毛GION

男性の自宅で出来るVIO脱毛方法のメリット・デメリット

自宅でできるVIO脱毛は安く簡単にできるので便利です。

しかし、肌にダメージを与えてしまったり、方法によっては痛みも大きくデメリットが多くあります。

特に、IラインとOラインの自己処理は難しく、慣れていないと肌を傷つけたり毛が残ってしまうことがあります。

自宅でできるVIO脱毛を考えている方は、是非この機会に自己処理のデメリットについて理解を深めてくださいね。

カミソリで剃る

実は、毛を剃るのと同時に皮膚の表面も一緒に削ぎ落としてしまっています。

そのため肌が乾燥して硬くなったり、埋れ毛になってしまうことも珍しくありません。

また、VIOの毛は生えるのが早く一本一本の毛が太いため次の日にはチクチクしてきます。

チクチクした状態は下着に引っかかって痛みを伴ったり、肌と肌が擦れ合うことで肌を傷つけたりする原因にもなります。

シェイバー・トリマーで剃る

肌の上を滑らせるだけで簡単に脱毛ができますが、深剃りができないため自己処理した直後もチクチクしてしまいます。

そのため1日おきという短い期間で、何度も自己処理をする必要があります。

チクチクが気になって深剃りをするために、シェーバーを肌に強く当てすぎてたりすると、皮膚まで巻き込んでしまい出血の原因にもなります。

出血するほどの肌の傷は更に炎症を起こす可能性を高めるので危険です。

ブラジリアンワックスで抜く

個人差はありますが、ワックスを剥がす際に毛を根元から抜くため強い痛みが伴う場合があります。

また、痛みだけなく皮膚の表面も一緒に剥がしてしまうため黒ずみの原因にもなります。

中には脱毛後に毛穴から出血する方や内出血を起こす方も少なくありません。

剥がした後は皮膚の表面が熱を持っており、痛みが継続します。

除毛クリームで溶かす

肌にクリームを塗り短時間放置することで毛を溶かしますが、毛を溶かすと同時に皮膚も溶かしてしまいます。

そのため、肌荒れの原因や埋れ毛の原因になります。

また、基本的に日本製の除毛クリームはVIOの箇所には使用できないとされています。

VIOは毛が太く溶かすのに時間がかかってしまい、デリケートな肌が耐えることができないことが一つの理由として挙げられます。

その結果、皮膚が痛みを感じるほどまでに溶けてしまい長くて数日間ヒリヒリした状態が続きます。

家庭用脱毛器(ケノン)で脱毛する

脱毛サロンの脱毛機よりも光の出力が弱いため、長期間の照射が必要になります。

効果が出にくいと感じている人も少なくありません。

また、自分で光を当てるのが難しいVIOは照射漏れが出てしまうこともあります。

照射漏れがあれば長期間照射を行ったつもりでも一部だけ残ってしまったという結果にもなり兼ねません。

まとめ

自宅でできるVIO脱毛は安く手軽にできるものも多くありますが、以下のようにデメリットも多くあります。

  • すぐに生えてチクチクする
  • 何度も自己処理をする必要がある
  • 痛みが伴う
  • 埋没毛や黒ずみの原因になる
  • 出血や細菌による炎症の可能性がある

自宅でできるVIO脱毛がいけないということではありませんが、デメリットが大きく肌トラブルが起きた場合には治すことも大変なのでおすすめはできません。

また、自己処理では毛が生えてくる組織そのものにダメージを与えることができないため、永遠に自己処理をする必要があります。

VIOの毛が気になっていて、できれば無い方が良いと思っている方には、なおさらおすすめできない方法です。

もし、VIOの毛が気になっていて無くしたいと思っているのであれば、安全に脱毛できる脱毛エステでの施術がおすすめです。

脱毛エステで施術をすれば、施術の度に毛が細く少なくなり、最後は自己処理が不要になります。

脱毛エステでの施術は高いと思われがちですが、長期間の自己処理にかかる費用を算出すると場合によっては脱毛エステの方が結果的に安く済ませることが可能です。

VIOの毛が気になる方は、是非自宅での自己処理から脱毛サロンでの安全な施術への切り替えを検討してみてくださいね。